沿革

1959年10月 丸善石油(現コスモエネルギーホールディングス)(株)の石油化学部門を分離独立させ、同社の全額出資により設立、資本金25億円
1964年 2月 宇部興産(株)、新日本窒素肥料(現JNC)(株)、電気化学工業(現デンカ)(株)、日産化学工業(株)、日本曹達(株)から出資を得る
1964年 6月 第1エチレン製造装置商業運転開始
1966年 4月 第2エチレン製造装置、第1芳香族抽出装置商業運転開始
1969年 3月 丸化興業(株)(現丸善油化商事(株))設立
1969年 4月 第3エチレン製造装置、第2芳香族抽出装置商業運転開始
1969年 8月 ブタジエンの製造販売を目的とする千葉ブタジエン工業(株)を合弁設立
1971年 1月 ブタジエン製造装置(千葉ブタジエン工業(株))商業運転開始
1981年 4月 高密度ポリエチレンの製造販売を目的とする日産丸善ポリエチレン(株)を合弁設立(1991年1月、丸善ポリマー(株)に改称)
1982年 7月 石油樹脂製造商業運転開始
1982年 9月 丸善石油(現コスモエネルギーホールディングス)(株)から、アルコールケトン製造装置を含む石油化学事業を継承
1983年 8月 水性溶剤製造装置商業運転開始
1984年12月 丸善石油(現コスモエネルギーホールディングス)(株)から五井化成(株)の株式取得
1985年10月 酸化エチレン・エチレングリコール等の製造販売を目的とする日曹丸善ケミカル(株)を合弁設立
1986年 3月 丸善石油(現コスモエネルギーホールディングス)(株)からポリパラビニルフェノール製造装置を含む石油化学事業を継承
1986年 7月 ニューヨーク駐在員事務所を改組し、MARUZEN AMERICA.INC.を全額出資により設立
1987年 9月 多目的水素化装置、高純度ジシクロペンタジエン装置商業運転開始
1989年 4月 ベンゼン製造装置商業運転開始
1990年12月 コーポレートブランド「ケミウェイ」発表
1991年 4月 第2多目的水素化装置商業運転開始
1991年 9月 エチレン、プロピレン等の製造売買を目的とする京葉エチレン(株)を設立
(1995年12月三井化学(株)、住友化学(株)および当社との合弁会社となる)
1993年 3月 高純度ジシクロペンタジエン製造装置増強
1993年 6月 塩化ビニルモノマーの製造販売を目的とする京葉モノマー(株)を合弁設立
1994年12月 第4エチレン製造装置(京葉エチレン)商業運転開始
1997年12月 千葉工場がISO(国際標準化機構)9002の認証取得(2009年8月ISO9001 2008年版移行)
1998年 8月 ビニルエーテル類製造装置商業運転開始
1999年 8月 ジフルオロエタン製造装置商業運転開始
1999年11月 千葉工場がISO(国際標準化機構)14001の認証取得(2005年11月2004年版移行)
1999年12月 日本曹達(株)、帝人(株)から日曹油化工業(株)の株式取得
(2000年10月丸善ケミカル(株)に改称)
2000年 3月 第4エチレン製造装置系4年連続運転認定取得
2001年11月 第3エチレン製造装置系4年連続運転認定取得
2002年10月 マルカリンカー製造装置増強
2004年10月 低密度ポリエチレンの製造および販売を目的とする宇部丸善ポリエチレン(株)を合弁設立
2004年12月 本社(機能化学品本部)および研究所がISO9001認証取得
2005年 4月 丸善ケミカル(株)および丸善ポリマー(株)を吸収合併、四日市工場発足
(四日市工場;1999年3月ISO9002取得、2010年10月ISO9001(2008年版)移行
2001年12月ISO14001取得(2007年11月2004年版移行))
ミックスキシレンの製造販売を目的とするCMアロマ(株)を設立
2005年12月 CSR委員会発足
2006年 6月 アルコールケトン製造装置増強(MEK17万トン体制)
2008年 6月 第3エチレン製造装置 国際競争力強化対策工事完了
2013年12月 体験教育訓練設備運用開始
このページのトップへ戻る