事業と製品

マルカリンカーM (ポリパラヒドロキシスチレン)

マルカリンカーMはパラヒドロキシスチレン(pHS)のホモポリマーです。類似構造を持つ縮合型のフェノール樹脂と比較すると分子量が高く、また直鎖型ポリマーであることからフェノール水酸基が外方向に向かっているため、溶剤溶解性も良好です。また、フェノール性水酸基はパラ位に位置し、反応性に富み、ほぼ理論値通り反応するため、未反応分が少ない各種誘導体を得ることも可能です。

マルカリンカーMには分子量の異なるS-2PグレードとS-1Pグレードがあります。

  化学式 化審法 No. CAS No. 化学名・構造式
マルカリンカーM (C8H8)n 6-994 24979-70-2

ポリパラヒドロキシスチレン

ポリパラビニルフェノール

代表性状

項目 代表性状 試験方法
S-2P S-1P
外観 淡オレンジ色粉末 オレンジ色粉末 目視
重量平均分子量 4,000~6,000 1,000~3,000 GPC法
数平均分子量 2,100~3,100 500~1,500

主な用途

エポキシ樹脂の硬化剤

エポキシ樹脂に添加することで、Tg(ガラス転移点)が向上します。耐熱性、耐熱劣化性、耐薬品性に対し、優れた効果を得ることができます。積層板、接着剤、ソルダーレジスト等広く利用されています。

金属表面処理剤

マルカリンカーMを水溶化することで、優れた防錆効果を得ることができます。鋼やアルミニウム、銅等の表面処理剤として、実用化されています。(研究開発品 水溶化マルカリンカーMAM、MAM3ME)

感光材料

アルカリ溶解性に優れ、解像度も良く、耐エッチング性能にも優れています。CCLやPS版等広く利用されています。

その他

お問い合わせください。

ご注意

記載内容は、当社が入手した資料や情報に基づいておりますが、記載のデータや評価に関しては情報提供であり、いかなる保証もなすものではありません

<<戻る

このページのトップへ戻る