事業と製品

メチルジシクロペンタジエン(MDCPD)

MDCPDは、弊社独自のプロセスにより分離、精製して製造されます。これを熱分解すれば容易にモノマーが得られます。メチルシクロペンタジエンモノマー はシクロペンタジエンと類似の反応性を示しますが、メチル基を持つ異性体混合物であるため反応生成物の融点が比較的低くなるので、取り扱い作業性のよいエポキシ硬化剤、樹脂原料等が得られます。

化学式 化審法 No. CAS No. 化学名・構造式
1216 4-1808 26472-00-4及び25321-13-5

メチルジシクロペンタジエン

MDCPD

MDCPD

モノマー(MCPD)

モノマー(MCPD)

物理性状

項目 単位 性状
分子量   160.26
沸点 200
融点 -50
密度25℃   0.936
屈折率(   1.4994
引火点 19.5
発火点(酸素) 530
爆発限界 vol% 1.0~10.0

品質規格

項目 単位 管理値 代表性状
密度(25℃) g/cm3 0.91~0.94 JIS-K-2249
ハーゼンNo.
200以下 JIS-K-0071-1
外観   淡黄色透明 目視
純度(ダイマー+モノマー) wt% 95以上 ガスクロマトグラフ法

主な用途

エポキシ硬化剤原料、樹脂原料

適用法令

消防法 第4類第1石油類(非水溶性液体)(指定数量:200L)
労働安全衛生法 危険物(引火性の物)
船舶安全法 危規制 引火性液体類(中引火点引火性液体)告示別表1
海洋汚染防止法 有害液体物質(Y類物質)
化審法 第二種監視物質

<<戻る

このページのトップへ戻る